太りにくい食材10選!上手なダイエットのコツ

上手にダイエットするには

ダイエットには、食事・運動・トレーニング・骨盤矯正など、あらゆるコツがあります。

骨盤を閉めることによって、

痩せやすい体質に変わったり、便秘解消や脚のむくみが取れ、代謝が上がると言われています。

骨盤矯正はとても大事ですね。(^^♪

 

また太りにくい食材や代謝の上がる食べ物を摂取することにより、ダイエット効果が上がります。

 

適度なトレーニングや運動をすることにより、引き締まったメリハリのある体になります。

特に脚の筋肉をつけることにより、基礎代謝が上がりダイエットにも繋がります。

臀部の筋肉をつけることにより、座った時の姿勢が良くなり、身体のアライメントも整うのでダイエットにも繋がります。

このように、ダイエットするには様々なコツがありますので、上手にダイエットしましょうね。

上手なダイエットのコツ

◆食べる順番を変えてみる

最初に食べるのは野菜やスープ、次に肉や魚、最後にご飯やパン、といった順番で食べると良いです。

空腹でご飯や麺類などを大量に食べると急激に血糖値が上がり脂肪の蓄積に繋がってしまいます。

◆寝る3時間までには夕食を終わらせる

寝る前に食べたものは消化しきれないので、夕食が遅いと太る原因になります。

◆調理法を注意する

夕食の脂肪は高カロリーです。素材そのものか、蒸したもの、茹でたもの、焼いたものなど、油をあまり使わずに調理されたものをを選んで食べるようにしましょう。

◆調味料の使い過ぎに注意

醤油や砂糖など味を濃くすると、ついつい量を食べてしまいます。だしを濃くとったり、ハーブやスパイスなどで味付けをして調味料の使い過ぎにも注意しましょう。

◆いつも腹8分目に

満腹になるということは食べすぎ、ということです。

おなかが落ち着いたな。というところでやめておきましょう。

また、ゆっくりよく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されます。ゆっくりと味わいながら食べましょう。

◆運動をして筋肉をつける

運動をしてカロリーを消費することもダイエットに繋がりますが、痩せやすい体をつくるには筋肉が必要です。

筋肉をつけることで基礎代謝が上がり食べても太らない体になるのです。

運動をしないで痩せると筋肉が落ちて太りやすい体になってしまいます。

食べても太りにくい食材を選びましょう

【太りにくい食材10選】

①海藻類

②きのこ類

③鶏のささみ

④こんにゃく

⑤豆腐

⑥春雨

⑦納豆

⑧ノンオイルツナ缶

⑨野菜全般

⑩フルーツ全般

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です