1日の適正糖質量の計算式 ※自分に必要な糖質量を教えます

昨今ではカロリーより糖質量が大事と考えられています。

では、どれくらい糖質量をとればよいのでしょうか。

人によって違うので、1日の適正糖質量の計算の方式を解りやすく解説します。

 

一日に必要なカロリーや糖質量は、身長、体重、活動量によってそれぞれ違います。

自分に必要な1日の糖質量を知り生活習慣に合わせて、朝・昼・夜の食事の糖質量を振り分けてみましょう!

朝3・昼4・夜3が理想の糖質量ですが、間食する人は間食も合わせて、1日の適正糖質量とします。

この記事で得られる情報
・標準体重の計算式

・活動量の計算式

・糖質の割合

・糖質のカロリー

・あなたの1日の適正糖質量とは

標準体重の計算式

標準体重の出し方

身長×身長×22

①例えば、161㎝の場合  ※mで計算するので

1.61m×1.61m×22= 57.0262

②例えば、174㎝の場合は

1.74m×1.74m×22= 66.6072

活動量

自分の活動量を選択してください。

A. 軽労働(デスクワーク、専業主婦など)

20~30kcal

B. 普通の労働(立ち仕事などの職業の方)

30~35kcal

C. 重労働(力仕事の多い職業の方)

35~ kcal

①仮にBとした場合 30kcal

②仮にCとした場合 35kcal

適正摂取量の割合

糖質    50~60%

たんぱく質 15~20%

脂質    20~30%

①糖質の割合は同じなので、0.5とします。

②糖質の割合は同じなので、0.5とします。

各栄養素1g当たりのカロリー

A. 糖質    4kcal

B. たんぱく質 4kcal

C. 脂質    9kcal

糖質は1gあたり4kcalに相当

①は、4kcal

②は、4kcal

1日の適正糖質量の計算

①の場合

57.0262 × 30 × 0.5 ÷ 4 =  213g

②の場合

66.6072 × 35 × 0.5 ÷ 4 =  291g

 

※前に記事にも書きましたが、ダイエット中で減量したい方は、糖質量は120gを目安にしましょう!

詳しくはこちらの記事を参照してください↓↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です