コリオリ力の性質を利用して身体の不調を改善してみた!

コリオリ力の性質を利用して身体の不調を改善

筋軸バランス調整ではコリオリの法則(コリオリ力)も応用して身体の不調を改善していますが、

今回は、筋軸バランス調整での『コリオリ力』の話を簡単にしていきたいと思います。

 

『コリオリ力』とは地球が自転しているために働く力(ちから)の事を言います。

慢性力とも言われ、いまと同じ動きを続けようとする性質の事です。

 

例えば北極から赤道に向かってボールを投げたとしたら、

地球は左に自転していますので

西(左)にそれてしまいます。解りやすく言うと左にカーブしてしまうのです。

 

北極圏にある日本では、コリオリの力が働いてしまい

何もしていなくても、1秒間に約380m動いている計算になるようです。

 

また、低気圧は左に回転しており、雲を集めています。

逆に高気圧は右に回転しているので、雲を拡散しています。

 

と、いう考え方で・・

そのコリオリ力の性質を、身体に応用していくのです!!

 

右回しは拡散!左回しは集める!!(身体の不調の改善に応用!)

※ 科学的な検証はしていませんが、実際に何万人の身体が変化しています。

 

例えば、

・まず普通に前屈してみてください。

・次に、身体の中心軸を動かさずに右に3回、回ってみてください!

・そして、もう一度前屈してみてください!

 

最初に前屈した時より、柔軟性が上がっていませんか!?

◆ これがコリオリ力です!!

◆柔軟性が上がる=身体の不調が改善する

 

先ほど、低気圧は左に回転して雲を集める。と言いましたが

言い換えると、体の中のとても小さな粒子などの組織体を集めることになります。

また、高気圧は右に回転して雲を拡散する。

言い換えると、体の中のとても小さな粒子などの組織体を拡散することになります。

 

と、いうことは

例えば仰向けに寝た状態で左肩が上がっていたら

左側の肩周辺、特に鎖骨の下に小さな粒子などの組織体が集まっている。ということなので

鎖骨の下のところを、手でもボールペンでもいいので

右に数回小さく回してあげると、

小さな粒子などの組織体が拡散されて、収縮していた筋肉も弛緩するので

仰向けの時に上がっていた肩も下がり、肩こりなども解消することもあります。

 

体のポイント、ポイントで手を右に数回回して粒子などの組織体を拡散してあげると

身体のアライメントが整い、身体はとても楽になります。

◆コリオリ力や自然の法則を身体に応用するセミナーやイベントを定期的に行っています

☆コリオリ力や自然の法則を応用して、身体の不調を改善する手法を学べるオンラインサロンの詳細はこちら☆

まとめ

理屈的にはこうなりますが、まだ科学的な根拠はありませんので、

本当かな?という認識でも構いませんので、身体がつらい時にでも試してみてください!

 

副作用はありませんので、何回試しても大丈夫ですよ!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です